アルギニンの特徴と効果的な摂取法と摂取量

アルギニン,効果的な,摂取量,1日,上限

アルギニンは、アミノ酸の1種で、子供の場合は体内で作ることができませんから、子供では必須アミノ酸になりますが、大人の場合は、体内で合成できますので、必須アミノ酸ではありません。
体内に入ったアルギニンは、シトルリンに変化し、またシトルリンは、アルギニンに変化します。

 

シトルリンは、体内で一酸化炭素の生成を助けます。

アルギニン,効果的な,摂取量,1日,上限

この一酸化炭素は、体にいいものではありませんので、血管を拡張して、血流をふやし、排出しようとします。欠陥が拡張されると冷え症が改善したり、酸素が多く取り込めるので、筋力が増強しやすくなります。シトルリンそのものは、体内で代謝されませんがアルギニンは肝臓で代謝されます。

 

また、アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進します。成長ホルモンが骨の周囲や細胞に働きかけることで、細胞分裂が盛んになり、子供の成長が促されます。さらにこのアミノ酸は、精液の主成分なので、精力増強のためにも使われます。

 

また、このアミノ酸が分泌を促進する成長ホルモンは、筋肉を作りだす仕組みをサポートしますので、筋トレ後に摂取するとよいでしょう。その他アンチエイジングや女性の不妊症、免疫力増強の働きがあります。

ただ、アルギニンはアルカリ性のアミノ酸ですので、過剰摂取をすると胃や腸の壁を傷つけてしまう可能性があり、下痢を引き起こす事もあります。

 

子供の場合

アルギニン,効果的な,摂取量,1日,上限

このアミノ酸の過剰摂取で巨人症になってしまう場合がありますので、くれぐれも過剰摂取をしないようにしましょう。1日の摂取量の目標値は2g~4g以上と言われていますが、成長ホルモンの分泌促進のためには「体重×0.08~0.1g」と言う計算式が使われます。ダイエットやアスリートが使う場合は、1日6gといわれているので、病気の治療をするには、専門家の意見を聞く事をお勧めします。

 

食事として摂取するには

アルギニン,効果的な,摂取量,1日,上限

牛肉、豚肉、鶏肉や鰹節、ダイズ等に含まれていますが、必要量を食事から吸収するのは、困難な場合がありますので、上手にサプリメントを利用しましょう。

 

摂取量の上限値は15g~20gと言われていますが、上限値ぎりぎりを飲むのではなく、摂取量は守って、安全に飲むことが大切です。さらに効果的な摂取方法ですがアルギニンは空腹時に飲むと効果が高いので、空腹時に飲むようにしましょう。

 

それも1日1回でのむのではなく数回に分けて飲むのが効果的な摂取方法です。

 

>>アルギニンサプリおすすめランキングはこちらから<<