アルギニンの体内での働きと含有量の多い食品

アルギニン,含有量,多い,食品,魚介類,大豆類,肉類

アルギニンはアミノ酸の1種で、大人では体内でつくることができますが、子供では体内でつくることができず、準必須アミノ酸と言われています。
アルギニンは体内で、成長ホルモンを分泌するのに必要なアミノ酸です。この成長ホルモンは、子供の身体の成長に必要なホルモンですが、大人でも皮膚をきれいに保ったり、筋力維持や生殖の可能性を高めたり、免疫作用を強化する作用があり、背一種が必要なアミノ酸の一種です。

 

さらに、アルギニンは体内でシトルリンに変換され、さらにシトルリンはこのアミノ酸に変換され、これを一酸化窒素サイクルと言います。
詳しく見ますと、シトルリンがアルギニンになるとき一酸化窒素が発生し、この一酸化窒素は毛細血管を拡げ、血管を強くします。血管を若々しく保つためには、アルギニンが必要となります。

 

このアミノ酸から作られるシトルリンは、体内で代謝される事はありませんが、アルギニンは、肝臓で分解されます。また、体内でアルギニンがつくられる時は、体内のアンモニアをとり込み、このアミノ酸が肝臓で分解される時は、尿素を発生して体内の不必要になったアンモニアを体外へ排出する作用があります。

 

人の体を若々しく保つのに必要なこのアミノ酸を摂取する場合、タンパク質を摂取しましょう。

アルギニン,含有量,多い,食品,魚介類,大豆類,肉類

そのタンパク質の一種にふくまれているのがアルギニンで、それの含有量の食品は鶏肉、牛肉などの肉類、魚介類、大豆類です。

 

その含有量は、食品100gあたりで豚ゼラチン7900mg、乾燥大豆2700mg、鰹節4300mg牛肉1300mg落花生3200mgなどです。

 

含有量は、多いように見えますが、このアミノ酸はタンパク質の一部として存在していますので、タンパク質に分解されてから吸収されますので、小腸自体の吸収率はよいものではなく、nitiの必要量が満たされているとは言えません。
子供や筋力増強が必要なアスリートは、サプリメントを利用するのも一つの選択肢です。

 

>>アルギニンサプリおすすめランキングはこちらから確認できます!<<