尿素回路(オルニチン回路)とは、アンモニアを尿素に変換されて無毒化されること

尿素回路(オルニチン回路),とは,アンモニア,尿素,生成,アルギニン,オルニチン,シトルリン,関係

体内で生成されたアンモニアは、中枢神経に対する毒性が強く、人体には有害です。そこで、肝臓の尿素回路(オルニチン回路)によって尿素に変換されて無毒化されています。

 

尿素回路(オルニチン回路),とは,アンモニア,尿素,生成,アルギニン,オルニチン,シトルリン,関係

尿素回路(オルニチン回路)とは、アンモニアをカルバミルリン酸に変えます。ここまでは細胞の中のミトコンドリアで行われます。ここからさらに肝臓内で、シトルリン、アルギニノコハク酸、アルギニン、オルニチン、シトルリンと1周して変換されます。グルグルと1周回ってまた同様のサイクルを繰り返します。

 

アルギニンがオルニチンに変換されるときにARGという物質が働いて、尿素に変換します。「ああ。そう言えば、高校の生物の時間にそういうのがあったなあ」と思い出した人は、かなり真面目に勉強した人でしょう。

 

劇症肝炎や肝硬変や肝臓がんなどで肝機能が低下すると、肝性脳症と呼ばれる状態となることがあります。意識障害をきたしたり、異常行動が出たり、昏睡状態になったりします。様々な物質の関与が原因ですが、その中でもアンモニアが最も重要な物質で、この物質が脳に作用することでこのような症状が出現します。

 

肝臓は沈黙の臓器と言われますが、非常に我慢強く黙々と働く臓器です。お盆も正月も休むことなく、365日24時間営業でこの仕事を行っています。あまり、アルコールで激務ばかりさせない様にしたいものですね。

 

シトルリンとアルギニン及びオルニチンは尿素回路(オルニチン回路)過程の生成成分です。

尿素回路(オルニチン回路),とは,アンモニア,尿素,生成,アルギニン,オルニチン,シトルリン,関係

尿素回路(オルニチン回路)は、肝細胞のミトコンドリアと細胞質でアンモニアと二酸化炭素及び水を反応させる事で、疲労の原因物質の1つであるアンモニアを無毒な尿素に分解し、疲労回復に非常に大きな効果があるとされています。

 

尿素回路(オルニチン回路)は、カルバミリン酸合成酵素シンテターゼ1の作用により生合成されたカルバミリン酸がOTカルバミラーゼの作用によりオルニチンと反応する事でシトルリンと副生成物質のリン酸が生合成されます。シトルリンは、アルギノコハク酸シンテターゼの作用によりアデノシン3リン酸とアスパラギン酸が縮合反応する事でアルギノコハク酸が生合成され、アルギノコハク酸は分解酵素アルギノコハク酸リアーゼの作用によりアルギニンと副生成物質のフマル酸に分解されます。

 

アルギニンは、酵素を活性化するマンガンを含むアルギナーゼにより付加脱離反応を引き起こす事で副生成物質の尿素とオルニチンに分解され、尿素回路(オルニチン回路)に再び用いられ、尿素回路(オルニチン回路)が活性化されます。シトルリンとアルギニン及びオルニチンは、尿素回路(オルニチン回路)のアンモニアの分解過程の連鎖関係にある生合成物質です。

 

>>オルニチンサプリおすすめランキングはこちらから<<