肝臓の働きに良いとされるオルニチンの副作用について

オルニチン,副作用,肝臓,腎臓

オルニチンは肝機能の回復やダイエット、アンチエイジングにも効果的だとされており最近ではサプリメントなどにも配合されています。オルニチンは肝臓の働きをサポートする作用があるために、健康維持やお酒が好きな人などは積極的に摂取していくのが良いとされています。

 

しかし、オルニチンを摂取することで副作用が起こる心配はないのか気になるところと言えます。

 

オルニチンは体内にも存在する成分であり、アルギニンが分解されることで生成されるアミノ酸の一種で、シジミなどに多く含まれていますが、基本的に大きな副作用はないとされています。ただ、肝機能疾患を持っている人や肝臓の働きが弱い人などは一度かかりつけの医師に相談してから摂取するのが良いと言えるでしょう。

 

また、アミノ酸の種類には過剰に取り過ぎると腹痛や下痢を起こす人もいるとされています。オルニチンもまた、摂取量を守って服用しないと下痢やおう吐などの症状を引き起こすこともあるとされています。

 

どんなに良い成分であっても過剰摂取になると健康被害を引き起こす恐れがありますので、過剰摂取にならないように気を付けながら健康や美容など様々なことに役立ててみてはいかがでしょうか。

 

オルニチンの腎臓への効果と副作用について

オルニチン,副作用,肝臓,腎臓

オルニチンという成分は、しじみなどに多く含まれているものでクレアチニンの値を下げる働きがあります。このクレアチニン値が高いことによって起こる障害は、腎臓の機能に影響が出てきますので、アンモニアなどの毒素を分解するのが難しくなります。

 

そこで活躍するのがオルニチンであり、オルニチンはアンモニアの分解を手助けしてくれますから、腎臓が余計な働きに煩わされるということがなくなり、結果として腎臓機能の回復に繋がっていくわけです。このように、アンモニアを分解する働きを持つオルニチンですが、気になるのが副作用です。

 

そもそもオルニチンという成分は、アミノ酸でできていますので、体内に吸収されても余分なものは排出されるという仕組みを持っています。このため、例えばサプリメントなどで多めに飲みすぎたとしても、必要な分だけ体内に取り込まれ、いらない分は体外に排出されていきますから、副作用の心配はありません。つまり、この成分は体内に蓄積されることはありませんので、心配な副作用はほぼないと言えるでしょう。

 

ただし、元々肝臓などに疾患がある方の場合は、サプリメントなどで摂取する際には、事前に医師に相談することをおすすめします。

 

>>オルニチンサプリおすすめランキングはこちらから<<