リジン・ビタミンCはヘルペス発症予防に効果あり!?

リジン,ヘルペス発症予防,効果,ビタミンC,併用,回復促進

リジンは、ヘルペス発症予防に効果があり、ビタミンCと併用することでさらに回復促進が期待できます。

 

ヘルペスとは、ヘルペスウイルスの感染により発症する感染症です。ヘルペスは、ウイルスに感染することで発症するのですが、口回りにかゆみやほてりが出て、水ぶくれになります。感染力が強く、再発することが多いです。口や唇などの、かゆみやほてりから始まり、患部が赤くなったあと、水ぶくれができます。感染しやすい病気であるため、単純ヘルペス(Ⅰ型)では日本人の約70~80%が感染しているそうです。

 

ヘルペス発症予防の方法

リジンが使用されています。ヘルペスウイルスの増殖を抑制する機能があり、ヘルペスの発症確率を減らしたり、治療スピードを速めたりできるのです。
そして亜鉛を一緒に使用すれば、治療効果をさらにアップできます。

 

亜鉛

亜鉛は、一日に10㎎摂取する必要があり、体内に蓄積できないため、毎日食事から取らなければいけません。たんぱく質の合成や骨の発育に不可欠で、新陳代謝や免疫力の向上に働く重要な栄養素です。そしてヘルペス発生回数減に働きます。

 

免疫力を向上させるため、体内に侵入した細菌やウイルスへの攻撃を促進します。ヘルペスウイルスでは、その増殖・感染能力に直接働きかけて弱めるのです。また侵入してきた病原菌を発見し攻撃する免疫細胞の働きを促進したり、活性酸素による細胞のダメージを軽減する抗酸化作用を高め、免疫に作用する白血球の働きを活性化します。

 

リジンの効果

単純ヘルペスに効果があるのが、リジンです。
必須アミノ酸の一つで、体内で生成できないため、食品から摂取する必要があります。ウイルスの増殖を抑制するため、ヘルペスの発生率を減らし、発症時には治療のスピードを速めます。さらにビタミンCの併用による相乗効果が期待できます。ビタミンCは皮膚を修復するだけでなく、ヘルペスウイルスを不活性化するからです。

 

リジンの機能は、メリーランド大学医療センターでも実証されています。研究報告によると、発症した患者に一日当たり3000㎎処方すると治療期間が短縮し、発症していない人に一日当たり1250㎎処方すると発生確率が下がることが明らかになりました。また単純ヘルペスを発症した方では、リジンの処方で約80%以上が治るそうです。

 

ヘルペスも、リジンとビタミンCで改善できます。医師と相談のうえで治療に取り入れてみると良いでしょう。

 

>>アルギニンサプリおすすめランキングはこちらから確認できます!<<


>>シトルリンサプリサプリおすすめランキングはこちらから確認できます!<<


>>オルニチンサプリおすすめランキングはこちらから確認できます!<<