リジンを過剰摂取することで起こる下痢は副作用 

リジン,副作用,過剰摂取,下痢,胃痛,不足,集中力低下,疲労,めまい

リジンは必須アミノ酸のため、食べ物からきちんと摂取することで身体の中で修復や免疫機能の向上のために働きます。しかしその効果を期待してリジンを過剰摂取してしまうと副作用が起こる可能性があります。

 

リジンの過剰摂取で起こる副作用の代表的なものは、下痢や胃痛といった消化器系への症状です。他にも肝機能への障害が起こることもあります。一般的な食事を行っている人が食べ物から摂取するには過剰摂取になる可能性は低いのですが、サプリメントで摂取する場合には体内での吸収率が高いためすぐに1日の目安となる摂取量を超えてしまいます。

 

1日当たり10gの摂取を5日間継続すると、胃痛や下痢を引き起こしたというデータもあります。病気の治療目的の場合には医師などの摂取量を相談した方が良いですが、健康や不調の改善目的で摂取する場合には成人で体重1㎏あたり30㎎とされています。

体重が60㎏の人ならば1日の摂取量は1.8gとなります。

 

リジンを含んだ食品

リジン,副作用,過剰摂取,下痢,胃痛,不足,集中力低下,疲労,めまい

リジンを多く含んだ納豆や黄な粉などの大豆製品やそば、落花生、ブリやハマチ、ヒラメなどの魚類でリジンを摂取し、不足した分を補うようにサプリメントを利用して副作用を起こさないように摂取量に注意するようにしましょう。

 

リジンが不足すると集中力低下や疲労、めまいなどの副作用が起こる

リジン,副作用,過剰摂取,下痢,胃痛,不足,集中力低下,疲労,めまい

リジンは私たち人間の体には欠かせない必須アミノ酸ですが、体内で合成することができないので食べ物などから摂取する必要があります。

 

リジンはたんぱく質の組み立てに重要な成分の一つであるため、集中力を高めたり疲労回復効果、肝機能を高める作用やヘルペスを予防する効果などが期待できます。

 

人間の体では合成できないため、牛乳やチーズなどの乳製品、肉から摂取するのが良いとされていますが外部からの摂取でしか取り入れることができないため、不足しがちな栄養素であります。

 

リジンが不足すると?

リジン,副作用,過剰摂取,下痢,胃痛,不足,集中力低下,疲労,めまい

リジンが不足してしまうことで考えられることは、集中力低下やめまいや吐き気、疲れやすくなり疲労が溜まるなどの症状があらわれ肝臓の働きが低下したり血液中の飽和脂肪酸やコレステロールが増加するとされています。

 

副作用が起こることは少ないとされていますが、過剰摂取になることでも不足した際と同じような症状が出るとされていますが、ほかの栄養素とバランスよく摂取していくのが良いとされています。

 

リジン単体での過剰摂取で大きな副作用が起こることは少ないとされていますが、サプリメントなどでアミノ酸を摂取する習慣がある場合にはアミノ酸の過剰摂取となり腎機能障害に陥る可能性がありますので注意しましょう。

 

>>アルギニンサプリおすすめランキングはこちらから確認できます!<<


>>シトルリンサプリサプリおすすめランキングはこちらから確認できます!<<


>>オルニチンサプリおすすめランキングはこちらから確認できます!<<