降圧剤を服用している人はシトルリンの副作用が出る?

シトルリン,副作用,降圧剤,シトルリン血症

シトルリンはスイカの中から発見された成分で、もともとは医薬品成分として使用されていましたが最近ではサプリメントなどの健康食品などに含まれるようになり気軽に摂取できるようになったアミノ酸の一種です。

 

シトルリンの効果で期待できることは、一酸化窒素の生成による血流改善効果や老化や病気の原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用があるとされアンチエイジングにも効果的だとされています。

 

その他にも、精力増強や疲労回復効果、筋肉増強や冷え性の改善などにも有効だとされています。

 

シトルリンは、体内に摂取されるとある銀人に変化しますがその際に一酸化窒素を生成し、それが硬くなってしまった血管を柔らかくするので血流改善効果につながるとされています。このように、多くの効果が期待できるとされているシトルリンですが、副作用がないのか気になるところです。
シトルリンには基本的に過剰摂取をせずにアレルギーに気を付ければ特に副作用については気にする必要はないとされています。

 

副作用の心配がないとされているが、唯一避けるべき人はこんな人です

しかし、アルギニノコハク酸合成酵素という酵素が不足してしまうことでアンモニアを尿素に変える段階で異常をきたしてしまう症状が出るシトルリン血症を患っている人は、シトルリンを服用することは避けた方が望ましいと言えます。血中のアンモニア濃度が増加して肝不全やけいれん、精神症状などの副作用を起こすことがあるとされていますので摂取しないように気を付けるようにしましょう。

 

また、シトルリンを摂取することで血管が拡張されるので血圧が下がる作用があるため、普段から降圧剤を服用している人は低血圧になり過ぎてしまう可能性がありますので服用を控えるのが良いと言えるでしょう。

 

その他に、血管系の疾患を持っている人は念のためにかかりつけの医師に相談した上で服用するようにして、自己判断で摂取するのではなく必ず専門家の指示に従うようにしましょう。健康維持だけでなく美容や病気の予防などに、様々なことに役立ててみることをおすすめします。

 

>>シトルリンサプリサプリおすすめランキングはこちらから<<